夜中にパンを焼く

IMG_2240

今週末は、コリンとイギリス人でシアトル在住のコリンの親友が、『山小屋』に滞在中。私とKumo、Misoトリオは、バンクーバーでお留守番。カリフォルニアに住んでいる頃は、週日はほとんど家にこもり、せっせとお菓子作りや料理に励んでいたのですが、バンクーバーで社会復帰してからは、そんな優雅(そして退屈にもなる)時間は忽然と消え去りました。今週末はコリンがいないので、久しぶりに、家にこもり、「これも作りたい、あれも作りたいとリスト」を作成(無理が大有りな長ーいリスト)。まずは、2週間前にパン作りのクラスで習ったことを忘れないよう、最初から一人でパン作りをすることに。パン作りの先生によると、パンのレシピは、カップで測らず、量(グラム)で測るのがベスト。パン作りをきっかけに、ずっと欲しいと思っていたデジタル式の秤を購入しました。これは、便利!次々と材料を入れる度に、重さをゼロに設定できるので、一つのボウルにどんどん材料を入れていくことが可能。なぜにして、今までデジタル秤を買わなかったのか!デジタル秤は、一家に一台(一機?)です。

因みに、このデジタルの秤は、私が大好きな『Smitten Kitchen』のDebさんが愛用しているものと同じ♡

IMG_2242

クラスでは、先生が前日に12時間発酵させておいた生地を少し混ぜて、パン生地を作りました(そうすることで、味に深みが出るのだそう)。自分でも、そうしようかなと思ったですが、何しろ「これも作りたい、あれも作りたいリスト」があまりにも長いので、それは断念。そのせいか、生地が発酵するのに、とんでもなく時間がかかってしまいました。気温のせいでしょうか?もう、春が来るのでは?と思うような暖かさのバンクーバーだったのに、昨日から気温がぐんぐんと下がってきました。今週の木曜日は、な、な、なんと最低気温マイナス11度との予報!

IMG_2246

生地を練り終えたのが、午後3時。パン生地の発酵終了が、なんと夜の10時近く。パンの先生のお話では、発酵時間は2〜4時間。あんまり長く発酵するのは、よろしくないと言っていたのに、どうしようと不安な気持ちでいっぱい(こう見えても、すごい気弱!)。2週間前にパン生地を発酵した時は、すぐにふっくら発酵。今回は、真ん中が陥没状態になっているのに気づき、慌ててオーブンで焼くことに。

IMG_2247

いつも、私がキッチンにいる時、一緒になってキッチンで待機してくれるMiso。猫ベッドをキッチンに置いてみたら、早速ベッドに入る賢いMiso♡ でも、途中、待ち飽きてソファに移動し、寝てました(笑)。

IMG_2250

結局、パンが焼けたのは、夜中!ものすごおーく疲れました(笑)。私は普段、朝4時又は4時半起きの生活。寝るのは夜の9時(早い時は、8時!)。そんな私が夜中12時まで起きているのは、至難の技。これで、パンが上手く焼けなかったら、悲しい。

IMG_2251

なんとか、見た目は前回と変わらないパンができあがりました。8時間待ってから、スライスするようにとの教えがあるので、日曜日は朝8時まで寝ることにします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中