卵のお話と卵のオーブン焼き

IMG_6417

山小屋では、朝から大活躍の卵。私達が使うのは、『Rabbit River Farms』の卵。卵を買う際に、まずチェックするのは、鶏がFree range(放飼いの野外飼育)で育てられているかどうかです。北米に住んでおられる方なら、このFree rangeという言葉には馴染みがありますね。SPCA承認のFree rangeなら、信頼できます。卵だけでなく、チーズやお肉もありますから、カナダ在住の方は、是非参考になさってください(ここ)。虐待としか考えられない狭い檻の中で飼われている鶏の実態を知ったら、そんな卵やお肉は食べられないはずです。

IMG_6419

私達が住むブリティッシュ‧コロンビア州は、先週末ファミリー‧デーで3連休(州によって、ファミリー‧デーは、異なります)。本来なら、3連休を山小屋で過ごすのですが、月曜日の早朝、たまっている仕事を片付ける必要があったので、日曜日の午後のフェリーでバンクーバーに帰ることにしました(残念!)。それでも、午後4時半のフェリーで帰ったので、日曜日の朝はいつになくゆっくり過ごすことができました。

日曜日の朝は、ブランチを楽しむため卵とほうれん草のオーブン焼きを作ってみました。ポパイもびっくり!の大量のほうれん草を使います(笑)。

IMG_6422

卵は、12個使います。これ、6人分(笑)。レシピは、もちろん『Smitten Kitchen』。レシピには、マッシュルームが入っているのですが、私はマッシュルームが苦手なので、ほうれん草と玉ねぎのみ。ほうれん草の水気を手で絞るのに、多少時間はかかりますが、後は、生クリームで絡めたほうれん草と炒めた玉ねぎをオーブンに入れて焼くだけです。

IMG_6424

これは、焼き過ぎ(笑)。焼き過ぎにはくれぐれもご注意を!焼き上がったら、塩こしょうをして、パルメザンチーズをたっぷりかけましょう。

IMG_6426

おおおー美味しい!コリンにも大好評だった卵とほうれん草のオーブン焼きです。残りは、バンクーバーでの晩ご飯となりました。大満足です。

IMG_6432

山小屋でのんびり過ごす日曜日の朝、Kumoもベッドの中。

IMG_6431

これは、Miso(笑)。

IMG_6437

年を重ねる度に、益々可愛らしくなるKumoです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

広告

卵のお話と卵のオーブン焼き」への2件のフィードバック

  1. その卵とほうれん草の朝食美味しそう!これならワタシでも作れるかな??笑
    そうそう、そちらは先週末がFamilyDayWeekendだったんですよね。
    こちらは今週末がFamilyDayWeekendで3連休です(^^)
    はい、寒いけどコテージに行ってきます。
    本当は、今夜(金曜日)行く予定だったのですが
    あまりにも寒いので、夜遅く寒い寒いコテージにつくのも。。。
    と、思い、明日の朝行くことにしました。
    同じ寒いでも、お日様が出ているのと出ていないのとでは違いますもんね。
    ちなみに、連休の日曜日のコテージでの最高気温マイナス22℃だそうです。ひぃ~~

    • オンタリオ州は、今週末がFamily Dayなのですね。コテージでのLong weekend楽しんでください。それにしても、トロント方面は寒そうですね。暖冬で、暖かいバンクーバーでも、山小屋に夜、到着するととんでもなく寒いのに、マイナス20℃レベルの寒さは、想像がつきません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中